王道のデザイン

結婚指輪のデザインは様々なものがありますが、デザインの種類としては5種類ほどに分けることが出来ます。まずシンプルなデザインで王道ともいえるものは「ストレート」という物です。その名の通り、シンプルに装飾の少ないまっすぐな指輪です。職場などでも抵抗なく付ける事が出来るので、男性からも人気のデザインとなっています。幅の細いタイプのものが多いので女性の指を綺麗に見せてくれるというのも選ばれる理由の一つとなっています。

続いて「ウェーブ」という物は、波打つように美しいラインが特徴的な指輪です。柔らかな印象を与えるため女性的な指輪と言えるでしょう。男性には抵抗があるかもしれませんが、そうした場合は男性にはストレートを、女性にはウェーブを、と男女で違うデザインの物を贈るというのもいいと思います。共通項が欲しいのでしたら、宝石の種類を合わせたり、色や文字などのデザインを合わせれば一対の指輪として映えるでしょう。

この二つの種類の指輪はシンプルなデザインから人気の高い物となっています。現在では女性が家庭に入って家事をする、というのは時代錯誤で古い考えと言えます。男性であっても女性であっても分担して家事を行うのですから結婚指輪のデザインもそうした観点から邪魔にならないものを選ぶと良いかもしれません。